9 Years

京都に移り住んで早、9年が経ちました。

来たばかりの頃は何もかもが新鮮であると同時に、文化の違いに驚く毎日を過ごしていました。

来たばかりの頃、早口の男性の関西弁のヒアリングが困難で、ワインバーワイングロッサリーに勤め始めた当初は電話に出るのをいつもビクビクしながら受話器をとっていたのが懐かしく思い出されます。

僕自身はもちろん今でも関西弁を話せないのですが、以前東京の山手線に乗車した時に関西弁が聴こえて来ないのを寂しく感じるようにまでなりました。

9年の間に、京都という地が大好きになりました。

四季がはっきりしていて、その事を感じさせてくれる行事が毎月のようにあり、豊かで沢山の表情を魅せてくれる自然と、ちょうど良い具合の都市感が日々を暮らしてきて馴染んでいます。

おそらく萌えは高校時代の修学旅行にあったかと思いますが、京都に来てから沢山のお寺や神社巡りをして参りました。

修学旅行時、三十三間堂で同級生達が

「まだ、お寺なあ。はえぐ新京極さ行きてっきゃあ」

とぼやく中で、顔は相槌打っていても胸の中は荘厳な光景に感動の波の渦中でした。

とても好きな仏像さんは、泉湧寺即成院の観世音菩薩様です。

優しく温和な究極のアルカイックスマイルで、お客様をお迎えするサービスマンとして理想のご表情だと心からリスペクトしています。

こちらのお寺は阿弥陀如来様と二十五菩薩様がひな壇に並び、そのほとんどが平安後期に作られた国宝であるにもかかわらずいつも空いていて、しかも500円ご志納すると特別拝観が許され、眼前で仏様に対峙させていただけます。

ウォーキングで足繁く通う青蓮院の門前、親鸞上人が植えたとされる樹齢800年の大クスノキさんも大好きです。

お会いして頭を下げご挨拶し、逞しい根基から幹、そして天地縦横に力強く伸ばす枝の先々からも沢山のパワーとオーラをいただきます。

 

もうすぐ梅の季節。

白川の梅の蕾も寒さに耐えながら、でも確実に日々ぷっくら大きくなってきて。

毎年楽しみな北野天満宮境内の梅。

白、赤、黄と可愛らしいビジュアルと共に、それぞれ異なるふんわり漂う香りが幸せをもたらします。

そして、繚乱の桜。

もうすぐ10年目の春がやってくる。

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

石の上にも三年

2014年3月11日 本日、東北大震災の日に産声を上げた自店アフィナージュは三周年を迎えました。

いまだ、震災の被害に遭われ苦しんでいらっしゃる皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

これまで、沢山の方々とお客様に支えられて三周年を迎えさせていただいた事に深く心より感謝いたします。

この三年間は、決して平たんな道のりではありませんでしたし沢山悩んだ日々もありましたが、それでも毎日が楽しく充実した一日一日でした。

当初に考えていた営業スタイル、扱うワインやカクテル、料理等も日々の営業を続けて行く中で少しずつ変化していきました。

店名につけた、少しづつ味わいを深めながら熟成変化していくという思いと同じように、今もまだ熟成の途中です。

石の上にも三年という言葉は本当に良く言った言葉で、三年が経った今日この日が、また新たなスタートの一日のように感じます。

これからも、少しずつ少しずつですが、味わい深めてアフィナージュして参ります。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

キッシュ入魂

アフィナージュのスペシャリテ料理 自家製キッシュ。

もともと、クープドワイングロッサリー勤務時代に現ワインバーワイングロッサリーのシェフでありマネージャーの福村さんから作り方を教わりました。

クープドワイングロッサリーが一階で6席で営業していた頃は、福村さんに作っていただき、営業中は温めるだけで提供していました。

それまで、あまり実はキッシュという料理が好きではなかったのですが、福村さんの作るキッシュを食べた時美味しくて、大好きになりました。

4階にクープドワイングロッサリーが拡張移店する事となり、福村さんにレシピを教えていただき自分で作るようになりました。

最初の頃、試作を繰り返していた頃、どうしても上手くいかず半分投げかけてベソを掻きそうになった時、ちょうど飲みにきていた、現日本酒とワインと炭火焼なかむらののりちゃんにアドヴァイスをもらい、またちょうどその時飲みに来ていた現畑中さんでコンシェルジュを務めるザッキーの二人に食べてもらい、何度か繰り返し作り出来たキッシュを美味しいと言ってもらえた5年前の明け方。

あの日の事を覚えているから、きっと今もくじけず作り続けているんだろうなあ。

それからは、自分で作るキッシュが楽しくなりました。

作り始めるととても自由な世界で、色々な組み合わせが楽しめたり、お料理をそのキッシュの中に閉じ込める事もできます。

京都は、四季でお野菜がはっきり違うので、キッシュの中に季節感を盛り込む事も出来ます。

アフィナージュを独立開店しての当初は、作っていませんでした。

ですが、あまり沢山料理が出来る訳ではないので、何か一つでも売りに出来るスペシャリテが欲しいと思い、また作り始めました。

独立してからも、新しい試みや組み合わせの具だくさんキッシュを作ってきましたが、最近は基本の玉ねぎとベーコンのみのシンプルなキッシュロレーヌを作る事にはまりました。

キッシュロレーヌは、材料がシンプルなだけにとても研究しがいがあります。

カクテルではジントニック、パスタではペペロンチーノにあたるでしょうか。

粉の配合、焼き上げる温度、アパレイユの配分、etc…

 

未だに飽く事無く、作り続けて歩み続けるキッシュ道。

これからも、楽しく進んでいきます。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

I Love Music ♪

音楽が大好き。

ジャンルは、気に入ったら何でも。

クラシック、ジャズ、ボサノヴァ、サンバ、タンゴ、ファド、アイリッシュ、ロック、パンク、モータウン、ポップス、ディスコ、津軽三味線etc・・・。

お店に入ってすぐは、クラシックが多い。

晴れの日は気分が高揚する、交響曲か協奏曲。ベートーヴェンが最も多いかな。

雨の日は、ショパン、シューベルト。ピアノの音色が似合う。

掃除の時間は、リズミカルにその日によって何でも。

アースウィンド&ファイアーのセプテンバー、スピナーズのイッツァシェイム、チャカカーンのアイムエヴリーウーマン、大好きなマイテーマミュージックでついついパワーリピート。5回連続はざら。

高校時代擦り切れるまで何度もカセットテープで聴いたボウイのギグズ。

不屈の銘盤。

レッドウォーリアーズ、コンプレックスも欠かせない。

ジプシーキングスも大好き。

ジョビジョバ、ボラーレ、アミマネーラ、インスピレーション。

営業が始まると、ジャズ率が高くなる。

毎日欠かせないのは、ビルエヴァンスのワルツフォーデビー。

本当に毎日10年以上聴いても飽きない。

むしろ、また新しい発見をする事さえある。

そして、マイフェイバリットソウルジャズシンガーのケイコリー。

ねえさんも10年以上に渡る大ファン。

毎年1枚はアルバムを出されるが、どんどん進化を遂げる。

胸に心に響く唯一無二のディープヴォイスに毎日、魅了され続ける。

音楽は、色々なリズムとメロディを体に染み込ませる。

場面場面で自分の中のリズム、メロディが変わる。

営業中の雰囲気でも、お客様の好みも取り入れながら音楽を変える。

お出ししているワインのイメージで変える事も。

これからも、自分の知らない音楽に出会える事が楽しい。

素晴らしいワインやシャンパーニュ、お酒と出会えた瞬間と同じくらい。

今日の営業は、何をかけようかな♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

報いた恩は願わず。受けた恩は忘れず。

先日、拝見したお客様のブログの中で、よく通られるお寺さんの掲示板に書かれてあった言葉だそうです。

中々、かくいうような心境にはなれないし難しいと思いますが、いつも心にとどめたい言葉です。

 

絢爛豪華に人々の足を止め、一身の視線を集めた桜の花々も散り、日に日に色を濃くする木々の緑。

今日は朝からずっと雨ですが、木々には恵みの雨。

私も、日常やお客様から恵みの言葉をいただき、また今日も一日、新たな気持ちでアフィナージュ開演します。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

継続は力

頻繁にブログを書くという、新年の誓いはいとも簡単に破られてもう早4月。

日々の忙しさを理由と言い訳にここまで月日が経ってしまいました。

ブログはいざ書こうとするとどうしても長文になってしまう為、膨大なエネルギーを使うし、フェイスブックはほぼ毎日してるから良いかという甘えが私の中にあったと思います。

昨夜、アフィナージュをご愛顧いただくお客様のホームページを拝見していました。

多数のグループを統括する経営者でもあるお客様の熱いブログに、心が動かされました。

それほど長い文章ではないのですが、しっかりとご自身の仕事、経営観、従業員さんに対する愛に溢れた熱いブログ。

しかも、ほぼ毎日のように更新されています。

今一度、アフィナージュのホームページを作成していただいた宮澤さんの「毎日、更新する事でそのホームページは生きてくるんですよ」と言ってくれた言葉を思い出し、長くなくとも頻繁に更新していく事の決意を新たにしました。

なにより、それが元々パソコン音痴であった(今でも・・)私に惜しみない協力をしてくださる宮澤さんに対して、そしてフェイスブックをしていなくてもホームページを見てくださっていたお客様に対する誠意であると感じました。

これからは、本当にブログ更新、帯のツイッターも頑張っていこうと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

If

2013年が始まった。

アフィナージュは、今年3月に2周年を迎える。

今年は、ブログももう少し更新しようと新年の近いとする。

 

2001年の私達夫婦の結婚式で、ワインコンサルタントの田中先生がお祝いのスピーチで話してくれたIfという言葉。

田中先生は1999年に、私達夫婦が出会うきっかけとなったソペクサ主宰のフランスロワール研修ツアーを共にさせていただいた参加者でした。

 

もし・・、あの研修ツアーに僕が埼玉から参加を申し込んでいなかったら。

もし・・、妻が、京都から参加を申し込んでいなかったら。

もし・・、僕が青森から埼玉の親戚がいる熊谷に出て、ホテルの仕事を選ばなかったら。

もし・・、2000年にホテルを辞めて、ラミデュヴァンセントジェームズで勤務しなかったら。

もし・・、僕が2006年に京都に来て、妻が元働いていたご縁でワイングロッサリーに就職しなかったら。

そしてもし、2011年にアフィナージュを開店すると決めなかったら。

 

すべて何処の箇所で選択が違っていたら、アフィナージュは生まれていなかったでしょう。

そう思いながらも、そうすべく自分自身が選択し、沢山の方々とのご縁に結ばれながら開店出来た事に心から感謝。

そしてこれからも、新しき出会いに感謝し、ご縁を紡いで。

2013年もじっくり、熟成を重ねて行きたいと願います。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

雨天の友

Affinageが開店し、1年と3カ月が経ちました。

いつのまにか季節も、2回目の梅雨を迎えています。

白川には淡い光を懸命に瞬かせて舞う蛍の姿。

今年は、昨年よりも沢山の蛍が、道行く人の目を楽しませてくれた。

昨日、食事の帰り道には1~2匹ほどしか飛んでいなく、来年また会えるのを楽しみに家路についた。

 

先週の休みに、友とお蕎麦屋さんの三文銭で日本酒を傾け合いながら飲んだ。

その後、Huitでシャンパーニュでまた乾杯した後に、場所を移しレザンというフレンチレストランに行き、料理とワインを楽しんだ。

レザンは、特別な場所。

僕ら夫婦が、独立前に資金を貯める為、お給料のほとんどを貯金に回し、自由に使えるお金が全く無かった頃、友は事情を察してワインを飲ませてくれた。

あの頃、自分は精神的にもかなりつらかった時期だったが、友が招いてくれた酒肴の席に何度も心癒された。

今、こうして一つのワインを友と囲んで和気あいあいと楽しく飲める事に感謝。

雨天のつらかった時期、支えてくれた友に感謝。

 

私達夫婦には、沢山の雨天の友がいる。

埼玉にも東京にも京都にも。

雨天の友は一生の友。一生の財産。

これからも、雨天を支えてくれた友に感謝し、一緒に楽しく飲んでいきます。

その後に晴れ渡る、爽やかな青空の下でも。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

店は人なり

昔、先輩に言われた言葉。

「店は人なり。人は店なり。」

 

熊谷で仕事をしていた頃、一番初めにバー業務の事について教えてくださったShotBar ACEの渡辺藤男氏が独立されたての頃おっしゃっていた言葉。

その後、お店を任されるようになり自分で独立してからも常に頭に浮かびあがる言葉。

 

店は、やっている人間の性格や人柄もあらわす。

人もまた、店をあらわすのだろう。

企業もそうかもしれない。

経営者の理念は会社をあらわす。

 

もうすぐ、Affinageも1年。

まだまだ、洟垂れ小僧にもなれてないが少しづつ自分との距離が縮まってきた。

最初は、自分でもかなり設計に携わったはずなのに要領悪く、違う人の店ではたらいている気分だった。

毎日少しづつ、お店と対話しながら距離を縮める。

すると、手足を伸ばした所に今必要なものがすうっと手にとれる。

師の谷友典氏が、任せてくれたラミデュヴァンセントジェームズで始めたての頃、不器用な私によく言ってくれた。

5年目卒業するころ、確かにラミデュヴァンは相棒の様な存在となっていた。

京都に来てから、最初に任せていただいた1階の5坪の小さなワインバー、旧クープドワイングロッサリー。

ここは、現4階のクープドワイングロッサリーのマネージャーシェフ福村武氏がオープニングスタッフとして土台を作ってくれていたので、1年位でリズムがつかめた。

 

今、Affinageでは・・。

本当に少しづつ。

でも、毎日店に行くのが楽しい。

毎日、お店に入ると挨拶をする。

そう、高校球児がグランド入る前に挨拶するように。

帰る時も一緒。

挨拶をして帰る。

Affinageが大好き。

これからも、対話を続けながら熟成を続け変化を遂げていきたい。

変幻自在アフィナージュ。

これからもよろしく。相棒!

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

LA GRANDE DAME

1番、最初にお会いしたのは確か、2000年の秋。

まだ、妻とは熊谷と京都で遠距離恋愛していた頃。

お会いするまでは、敏腕でバリバリ仕事をこなし、少し近寄りがたいオーラがあるような人だと思っていました。

妻も一緒に初めて会食させていただいたフレンチレストランベルクールに現れた彼女は・・・

 

 

小柄でチャーミングな、目に星の輝きを持ち周囲を優しい空気に包み込む明るく照らし出すオーラを持った素敵な女性でした。

 

 

6年前に熊谷から京都に来て、5年間お世話になった㈱ワイングロッサリーの吉田妙子社長との初めての出会いの印象は、今でも鮮明に覚えています。

結婚する前に、私の妻がワイングロッサリーのショップにスタッフとして働かせていただいていたご縁で、一緒にお食事させていただく事になりました。

以来、結婚して一緒に熊谷に住んでからも、妻の里帰りにはご挨拶に寄らせていただいていましたが、いつも温かく迎え入れてくれました。

吉田社長は、もともと埼玉に育ち高校位から京都に進学し、大学時代に旦那様と知り合われご結婚なさったとお聞きしています。

旦那様のご実家が、代々四条堀川の地でご商売されていたので、ご結婚されてからも必然とご家業をお手伝いされました。

 

でも、大切なご主人は先に天国へ旅立たれました。

 

その後、吉田社長は二人の娘さんを育てながら、旦那様のお母様も見ながら事業を続けられました。

当時、ワイン専門として経営する酒屋さんが多くなかった時代。

それでも、吉田社長は亡くなった先代の社長であるご主人と決めたワイン専門で行く事を貫きました。

そしてそれが今では、沢山のお客様と私達夫婦や同じくワイングロッサリーを卒業していったスタッフ、今働いているスタッフの子達にも脈々と思いが伝わっているのでしょう。

6年前に京都に移り住む事うを決めた時も、快く私達夫婦を迎え入れてくれました。

以降、5年間に渡り、私はバーで、妻はショップの方でお世話になりました。

いつも、大きな愛情でスタッフを包み込み、困った事にも自ら矢表に立とうとします。

小柄な体に何処にそれだけの胆力があるのかと思うほどに、理不尽な事には一喝し空気を張り詰めさせる事もあれば、非常に繊細でナイーヴな面もあります。

でも、自分が大変な局面に面していても自分の事はさておき、いつもキラキラと輝く笑顔で私達を温かく見守っていてくれました。

私達が二人でお世話になる最初の時に、いつか独立をしたいと告げていました。

吉田社長は、その時は全力であなた達を応援すると言ってくれました。

その言葉どおり、私達を心のそこから全面的に応援していただております。

在職中には、自らは留守番をし、当時のスタッフほぼ全員フランス研修に行かせていただきました。

今も、これからもあの時の経験は一生の宝物です。

 

 

1800年代初頭、幼い娘を抱えながら、急死した夫の事業を継ぎ、ピュピトルとルミュアージュを発明しシャンパーニュ産業の発展、自社の拡大を実現させたニコラバルブ・クリコ・ポンサルダン。

半世紀後には、甘口シャンパーニュが主流を占めていた当時、冷涼な北限の産地でドサージュに頼らずにより熟したブドウを作る事を試み、そしてこの世紀最高のヴィンテージと称される1874年に初めて商業的に本格辛口シャンパーニュ、ポメリーブリュット74を送りだした、マダム ルイーズポメリー。

彼女もまた、旦那様に先立たれ、子供を抱えて事業を引き継ぎ事業を大きくされました。

二人とも、小柄ながら溢れるエネルギーで果敢に挑戦を続け時代を先駆された偉大なる女性達です。

そして、現在、私達の中で偉大なる女性は吉田妙子社長。

スタッフを自分の子供と同じように大きな愛で見守り、包みこみ、応援してくれるGRANDE DAME.

これからも、四条堀川のワインショップに輝く笑顔に会いにいきます。

いつまでも、お元気でいてください。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ